1000mbi


1992年発売  700,000円  実測重量 18.0kg







左のサイドパネル内に、電源部のトランス、オーディオ部のトランスが入る。その隣に、ミュージックバンクメカ。CDP1、2、3とはピックアップが異なるが、基本は同じ。ディスクトレイにグレイの塗装が施されている。若干音質に寄与しているかもしれない。メカベースに2ミリのアルミ板。アルミダイキャスト削りだしのシャーシに対してスプリングでフローティングされている。重量配分があるので4箇所あるバネの強さはそれぞれ吟味されたものを使用。

フロントパネル部に、9ミリ厚のアルミドアがついていて、これを閉めると、音圧、光からメカ及びCDディスクが隔離される。

右側は手前からコントロール基板、アナログ部の電源部。真中から後がDAC基板。見えないがその下にデジタルアウト基板。一番下側にメイン基板があり、コントロール、デジタル信号の整理などをしている。